「個性を持って社会に役立つ」


アベノミクスの成長は、それなりの成果を上げて、ともかくも新卒採用、そして求人率も完全雇用を達成している。これは如何なる国の政府に於いて第一の政策目標で御座います。
大企業、中小企業、或いは地域間格差はあることは事実で御座います。しかしながら企業の倒産も少ない状況が続いております。この様な中で、我々企業はその個性を持って、出来る事で、出来るだけ多くの人にお役に立つ事を、心に命じて精進努力をして参りたいと思います。皆様の心からのご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

2017年春

 


 
昭和19年   10月3日生まれ。浦河郡浦河町出身
昭和38年   光星高校卒業
昭和42年   明治大学商学部卒業

 
札幌市商工会議所 2号議員・常議員   (一社)北海道住宅都市開発協会 副理事長
札幌市商工会議所 地域開発委員会 委員   (一社)全国住宅産業協会 政策審議会 委員
札幌商工会議所 観光開発委員会 委員    
北海道MICE・IR研究会 世話人    


 

天地自然は無限に生成発展するものであり、すべてのものを生かそう、生かそうとの願い、慈悲の心を持っている。
人間も無限に向上、進歩した願い、すべての物・事に役立ちたい願いを持っている。

我が社は、自然社会の無限繁栄の願い、すべての人の無限向上の願い、お客様の「より快適に、より豊かに」の願いに、お役に立つことを使命とする。

平成六年一月 吉日

 
一.
最大多数の最大幸福を追求する。
基本的姿勢、精神、に誠実であること
二.
住居文化の向上
芸術性・ハイグレード・先進性を追及する。
三.
利便性
実用本位の立地・設計
四.
大衆性
価値の大衆性
 
 
 
平成三年一月  吉日



プロフィールへ…